不動産を売却するタイミングは?

タイミング

Q.今持っている不動産はいつ売るのがよいか迷っています

数年前に「これから不動産価格は上がる」という情報を信じてある不動産物件を購入しました。

購入をして間もない頃にはアベノミクスの開始直後ということで確かに噂通りに物件価格は上昇しましたが、もうちょっと値上がりがあるかもしれないと思い持ち続けていた結果、現在ではじりじりと値下がり傾向を示しています(2016年現在)。

とはいえ近隣の商業地域では緩やかながら地価が上昇しているところもあり、もしかしたらもう一度値上がりするのではないかという期待も少し持っています。

特にその不動産物件を何かに使用するという目的はないのでいつ売却をしてもよいのですが、いつがベストタイミングなのかがわかりません。

どうかアドバイスをお願いします。

A.値上がりを期待するのではなく損をしないようにする

不動産に限らず投機をするときにはつい「もうちょっと待ったらもっと得をするかも」という期待感を持ってしまいますよね。

ですが株式や債権が売却をしなければ利益や損益が確定しないのと違い、不動産は所有をしているだけで税金や維持費などがかかってしまいます。

ですのでもし仮に将来多少なりと値上がりがあったとしても、それまでに税金や必要経費を支払っていると総額としてはマイナスになってしまうこともよくあります。

将来のことは予測できないとはいえ、再びバブル期のような短期間で数十倍になるということはここ10年くらいはありそうもないですからわずかな値上がりを期待して持ち続けることはかえって損失をふくらませるだけになりかねません。

不動産売買では「より得をする方法」ではなく「より損をしない方法」を優先するのがセオリーです。

大家さんの談話室 © 2016