• TOP
  • 不動産管理
  • マンションのリノベーションで資産価値を高めるには

マンションのリノベーションで資産価値を高めるには

リノベーション

Q.マンションの資産価値を高めるリノベーションをしたいと考えています

都内のマンションを所有しています。

物件は駅から徒歩数分と立地はそれほど悪くないのですが、最近近隣の都市整備計画が入ったせいもあり新築マンションがどんどん作られ、明らかに資産価値が目減りしているのを感じています。

築年数的には既に15年が経過しているのでそろそろ大幅にリフォームをかける必要があるとは思うのですが、どうせお金をかけても設備が多少よくなるだけでマンションとしての価値はそれほど上がらないのではないかと危惧しています。

そこで今考えているのがリノベーションによって通常の部屋とは違った付加価値をつけるという方法です。

とはいえ大幅な室内改修を伴うリノベーションでは失敗をしてしまったらどうしようという不安もあります。

マンションの改築・改修に詳しい方にお聞きしたいのですが、これからリノベーションをする場合にはどういった点に気をつけるべきでしょうか。

A.自分のセンスだけで決めないことが大切です

古いマンションを改築するリノベーションはマンションの資産価値を高めるために大変効果があります。

既にかなりの物件がリノベーションによって居住者を回復することができていますので、他の新築マンションに埋もれないようにしていくために質問者さんがリノベーションという方法を選択されることには概ね賛成です。

ただしご心配されている通り、せっかく多額の費用をかけてリノベーションをしたにもかかわらず入居者が入らなかったり、入ってもすぐに出て行ってしまったりというケースもないわけではありません。

ポイントになるのはリノベーションをするときには自分の考えや趣味ではなく「どういう部屋なら長く住みたいと思ってもらえるか」という買う人の目線に立った設計にするということです。

リノベーションを行う業者の中にはまるでカフェや美術館のようなデザインの部屋にすることを得意にされているところもあるようですが、そうしたモデルルームのような場所が果たして生活をし易い空間であるかどうかは疑問です。

もしこれからリノベーションを手掛ける業者を探すのであれば、デザインばかりでなく資産価値を高める方法をきちんと考え提案してくれるところにお願いするべきでしょう。

リノベーションをしたあとの満足度の高い業者であればそのあたりのノウハウに詳しいと思われます。

参考>>https://www.renoveru.jp/

こちらの業者さんなどは全国の数多くの事例を取り扱っており、どういったところを重視してリノベーションを行ったかという具体的なポイントも掲載していますので一読してみるとかなり参考になります。

A.水回りの使いやすさがポイントです

リノベーションをするときにはデザイン性とともにいかに「管理しやすい住宅」にするかということが重要になってきます。

中に住む人にとって心地よい空間にするための最重要ポイントとなるのは水回りです。

古い住宅やマンションというのはどうしても浴室設備やトイレなどが使いにくいものになっているので、それを嫌って出て行く人が多くなってしまいます。

水回りの設備だけはDIYなど自力での改築ができませんから、いかにオーナー側が力を入れて整備をするかということが問題になります。

ですのでリノベーションをされるなら水回りの設備に強い業者を選ばれるのがよいのではないかと思います。

大家さんの談話室 © 2016